News&Topics

2020.3.16|@松山会場| 💉 腫瘍外科 Practical単回レクチャー

💉腫瘍外科 Practical単回レクチャー

口腔内腫瘍の外科手術2020

 ~顎の取り方と再建法、合併症が出たときへの対処法~

〜当レクチャーの目的と概要〜

古川 敬之 先生

Takayuki Furukawa,
 日本獣医がん学会 獣医腫瘍科認定医Ⅰ種

□所属
 日本動物高度医療センター名古屋 分院長

□経歴
 2003年 3月 麻布大学 獣医学部獣医学科 卒業
 2012年 4月 日本動物高度医療センター 入社
 2012年 7月 日本動物高度医療センター名古屋 分院長就任(現)

□主要所属学会
 日本獣医がん学会(評議員、認定委員会副委員長)
 中部小動物臨床研究会
 獣医麻酔外科学会
 VIRIES(Veterinary Interventional Radiology and Interventional Endoscopy Society)

【開催日】2020/3/16(月)20:30~22:30

【開催場所】  松山 ほうじょう動物クリニック
 〒799-2430 愛媛県松山市北条辻 803-6

口腔内腫瘍は日々の診療で遭遇する機会の多い腫瘍であり、十分なサージカルマージンを確保した外科手術では歯肉や顎骨を含めた切除が必要となります。

また、顎骨切除では術後の摂食に影響を与え、外観の変化も大きくなることから、各種再建法を理解し症例にあった再建法を実施する必要があります。

〜このシリーズレクチャーがめざすもの。〜

本レクチャーでは口腔内腫瘍の外科手術について、術後出血や癒合不全による縫合部離開などこれまで遭遇した合併症を含めて解説します。

🎓VSJ Lectures&Courses

〜当レクチャー詳細およびお申込み方法〜

◯一般申込み(獣医師): 6,600円(税込)

①クレジットカード決済(PayPal)
当フォームに登録いただいたメールアドレスに、1~2日以内に請求のメールが届きますので決済を進めてください。
(ご希望の方にはお支払いの進め方についての簡単な資料をお送りします。)

②お振込
お振込ご希望の場合はサポートデスクまでお知らせください。

ハンドアウトは、登録およびお支払いが確認された方へ開催日当日までにメールにてお送りいたします。
※ハンドアウトの参加者以外への譲渡は禁止されています。
※会場ではハンドアウトの配布はございませんので、ご自身でプリントアウトの上、ご持参ください

VSJサポートデスク support@vsj.freshdesk.com

カテゴリー

最新の記事

月別メニュー